導入するなら品質の良いふるい機を探して選ぼう

現場で活躍する機械

工事

騒音を少なくする機械がある

工事現場においては、周辺住民に騒音についての考慮をお願いすることになります。どうしても機械の音は鳴ってしまうので、住民に少し我慢してもらうのです。
できるだけ音を小さくするために、ふるい機などを最新のものにするという努力も行なわれています。

分級のときに大きな音がする

ふるい機の目的は分級をすることです。大きな粒子と小さな粒子に分けることで、石を再生砕石と再生砂に分けることが可能になります。
原理としては、異なる方向に部品を激しく動かし、遠心力で遠く飛ぶもの、飛ばないものが出るのでそれで分けられます。しかし、機器を激しく動かすのでエンジン音が大きくなってしまうのです。

比較して選んでみる

ふるい分けるときに大きな音が出てしまうふるい機ですが、ラバースプリングを使うことで音をできるだけ出ないようにしているメーカーもあります。
従来のふるい機と音の違いを比べてみることも可能なので、取り扱っている会社で聞き比べてみましょう。

中古も新品も検討してみよう

特殊機械を継続的に利用するという企業なのであれば、購入を検討しましょう。
新品の方が長く使うことができるという特徴はあるものの、値段が高くなります。中古品であっても丈夫な機械なので、すぐに使えなくなるということはありません。品質の良いものもたくさんあるのです。

レンタルも可能です

購入を検討しているので、それまではあまりコストをかけずにふるい機を使いたい、そういった場合もあります。
この場合はレンタルを利用するのも良いでしょう。購入すると保管する場所にも困るので、使いたいときだけ使いたいというときでも、レンタルは重宝します。